会社概要

ご挨拶

弊社の成り立ちは、初代社長の家業である佃煮などの加工にさかのぼります。
創業のきっかけとなったのは、加工工場で一緒に作っていた佃煮。そこで学んだノウハウを活かし、1988(昭和63)年にマルコー食品を設立しました。

以来、昔ながらの味わいを守りつつ、佃煮を作り続けている弊社。今では徐々に品揃えを増やし、惣菜やおせちなど、さまざまな食品の製造を手がけております。
伝統の味を守る一方で、お取引先様との商品の共同開発を行い、時代に合わせた味付けも追求。世の中の流れに柔軟に対応することで、皆さまにご愛顧いただいてきました。

製造にあたっては、衛生面に細心の注意を払い、「安心・安全」を第一に日々取り組んでおります。
今後はインターネットでの販売も視野に入れ、より多くのお客様に弊社の味をお楽しみいただけるよう、精進していく所存です。


会社外観

概要

会社名有限会社 マルコー食品
所在地〒287-0062 千葉県香取市寺内809
代表取締役社長金子 英夫
TEL0478-52-4633
FAX0478-52-5815
従業員数23名 (男性7名、女性16名)
資本金700万円
設立昭和63年6月8日
敷地面積1400坪 工場500坪
事業内容惣菜・佃煮製造業
商品わかさぎソフト煮、もろこ佃煮、鬼がら焼 など

工場内設備

製造工場

冷凍庫2基
冷蔵庫2基
ガス窯(直火窯)7基
ボイラー窯6基
ボイラー角窯2基
真空包装機2機
冷却台4台
金属探知機2機

包装工場

包装ライン2ライン
包装機2機
ヒーター2機
金属探知機2機
ウエイトチェッカー2機
上下ラベル機械2機

沿革

昭和48年 8月麻生屋本店より独立。 マルコー(公を〇で囲んだ)麻生屋として創業。
昭和63年 6月有限会社マルコー食品を設立。 現在に至る。


アクセス

■電車でお越しの方
JR成田線成田駅より徒歩約20分

■お車でお越しの方
利根水郷ライン356番線沿い 谷中(やなか)踏切前